So-net無料ブログ作成
検索選択
(2015年7月より不定期掲載)
日本と韓国の裏側で暗躍する秘密情報機関JBI…
そこに所属する、二人のダメ局員ヨタ話。
★コードネーム 《 サイゴウ 》 …仕事にうんざりの中堅。そろそろ、引退か?
☆コードネーム 《 サカモト 》 … まだ、ちょっとだけフレッシュな人だが、最近バテ気味

韓国映画の箱

(星取り評について)
(★★★★ … よくも悪くも価値ある作品)
(★★★ … とりあえずお薦め)
(★★ … 劇場で観てもまあ、いいか)
(★ … DVDレンタル他、TVで十分)
(+1/2★ … ちょっとオマケ)
(-★ … 論外)
(★?…採点不可能)

『春夏秋冬ロマンス』(2013)★★★+1/2★ [韓国映画]

原題
『춘하추동 로맨스』
(2013)
★★★+1/2★
(韓国一般公開 2014年12月4年)

英語題名
『Men and Women』

日本語訳題名
『春夏秋冬ロマンス』

harunaruakifuyu.jpg

(STORY)

秋、夏、冬…(※)
それぞれの季節に起こった、中年男女、恋の顛末。

『紅葉狩り団結大会/단풍맞이 단합대회』
秋。
山嫌いのウギ(=イ・ウンジェ)は先輩サンボム(=チョ・ソッキョン)に連れられて、郊外へハイキングに出掛ける。
ウギは、片思いのスジン(=チェ・ウナ)が来ると聞いて腰を上げたのだが、実際はサンボムしか、いなかった。
白けた空気が漂う中、互いの恋愛観で虚栄を張り続ける二人だったが、酔っ払ったウギは、サンボムの言葉に傷つき、山頂で自殺騒ぎを起こす。
そこに、途中で知り合ったUFO信者(=イ・ジュンヒョク)が現れたことから、事態はとんでもない結末を迎える…

『ホットサマー・バカンス/핫썸머 바캉스』
夏。
若いとは言えない独身女性三人組のスジン、ヒョジョン(=イ・ミナ)、ミア(=イ・ソリム)たちは海辺のバカンスを企てる。
だが、運転手としてミアの彼氏サンチョル(=オ・デハン)が加わったことから、三人の関係に出発時点から暗雲が垂れ込み始める。
道中、些細なことから一発触発の状況に陥り、海に着けば着いたで、女達の反目は高まるばかり。
やがて、熱々のサンチョルとミアは、部屋のトイレに下痢のヒョジョンがいることを知らずに、エッチを始めてしまう…

『走れ、雪花列車/달려라 눈꽃열차』
冬。
遂にウギはスジンを旅行に誘い出す。
それは日帰り列車旅行に過ぎなかったが、ウギは彼女をものにすべく、決死の覚悟を決めていた。
だが、二人は最初から噛み合わない。
のらりくらりと田舎街を歩き、地元名産の人参と人参酒を買い求めるウギだったが、店ではカードが使えず、手持ちの現金も足りない。
何事にも煮え切らないウギに愛想を尽かした怒り心頭のスジンは、彼を置いたまま、どこかに姿を消してしまうが…

俊英オ・チャンミン監督が描く、オフビートな恋模様。

(※)本作品は四部作構想だったが、主演イ・ウンジェが急逝し、春編は製作されなかった。また、製作順に編集、公開されたため、四季の順番が入れ違っている。


サイゴウ
「最初はホン・サンス風の展開で、【なんだ、これ?またかぁ】みたいで行く先に不安を感じた作品だったんだけど、加速度的におかしさが増してきて、結果的にはマジで良かったよ。拾い物といっていいだろうし、監督のオ・チャンミンは今後、要チェックのクリエイターかもしれない」

サカモト
「基本は地味な会話劇ですけど、どういう訳か、やたらと面白いですよね。不思議です」

サイゴウ
「【ホン・サンス=ワールド】を普遍的な語り口にして、下品にすると、こんな感じになるのかも知れないけど、内容はベタだったりする」

サカモト
「いい年をした男女が【好きだ、嫌いだ】で迷うネタですからね。でも、それだけの話なのに、物語が廻ってしまう」

サイゴウ
「間の取り方やリズムが絶妙なので、観ていて飽きないんだよ。凝ったカメラワークや映像美なんかも特にやっていなんだけど、キャラクターの動かし方が上手いし、それに応えられる俳優を揃えている」

サカモト
「コメディとしては、オミョル監督作のような【おとぼけ系】ですが、もっと洗練されていて、都会的な感じがします」

サイゴウ
「決して【おしゃれ】ではなんだけど、【意図的に泥臭く偽装された洗練さ】というか…ちょっと、うまく説明できないな。おそらく、少し前のフランス映画なんかに似た感じかな?とにかく、独特だ。表向きは韓国映画にありがちな【ベタなヒューマン・コメディ】ではあるんだけど、その裏側には全然違うものが隠れている、って感じ」

サカモト
「何よりも人間観察が鋭いですよね。かなり細かい演技をさせていますけど、監督自身は【人が好き】というよりも、達観して舐めているみたいで、人を喰った視線を感じました。オ・チャンミンという人は、相当なニヒリストなのでは?」

サイゴウ
「異なる季節を背景に、全部で三部構成になっているんだけど、特に第二部の『ホットサマー・バカンス/핫썸머 바캉스』における女性同士の剣呑な戦いは、あまりにも実感こもっているので、感心しちゃった。女性からすると、相当イヤーな展開じゃないかな?車内の何気ない会話が【テメー!やるか!】みたいになっちゃうところなんかは監督の才能を感じたし、三人組の一人が腹を壊すネタは下ネタだけど大爆笑。あそこまで女性の美しくない部分を何気で描ける男性監督は、そうそういないと思うぞ」

サカモト
「この監督は、女の人のことを信用していないのかもしれませんね。女性観客からすれば、それがどこまでリアルに見えるかは分かりませんけど…」

サイゴウ
「男性については、どちらかと言えば紋切り型なんだけど、これは、映画の中で男たちに道化役、狂言回しの機能を振るための方便にも思える」

サカモト
「第一部の諍いなんて、韓国人男性気質丸出しのネタ」

サイゴウ
「まるで中坊同士の喧嘩みたいだけど、ウギと先輩に限らず、この映画に出てくる男たちって全員、絵に描いたような韓国男子キャラなんじゃないかな?」

サカモト
「男性連中が主人公に見えるようではあっても、その使い方が逆説的なので、スジンのキャラクターと行動が、最後は印象に強く残る結末になっています。結局、【本当の主人公はスジンなのでは?】と思ったのですが、フェミニズム志向の強い作品なのかもしれません」

サイゴウ
「一応、話の展開上、男の主人公はウギであり、女の主人公はスジンという割り振りをしてはいるけど、これは観客を混乱させないための建前みたいなもので、基本的には主人公不在の群像劇だったんじゃないだろうか?どの俳優もキャラが等しく立っていたりするからだ」

サカモト
「演じているのは皆知らない俳優ばかりですけど、いい味出していましたし、上手いですよね。特に、チョ・ソクヒョンはかなりいいです。出番は少ないのですけど」

サイゴウ
「彼はインパクトがあったよな」

サカモト
「スジン役のチェ・ウナは美人なのかそうなのか、よく分からない人ですけど、女性特有の可愛らしさと剣呑さが良く出ていました。そこら辺は監督の力なのかもしれませんけど…」

サイゴウ
「女優陣がみんな微妙な年齢、ルックスなのも、この映画ではプラスになったと思う。あんまり綺麗じゃないし、正直、オバさんだけど、それもまたリアル。モデル上がりの二十代使っていたら、今回のような妙に親身な笑いは生まれなかっただろうな。それに、韓国でも最近は三十、四十越えの独身って、男女共に増えているから、実はそこら辺も計算に入れた配役だったんじゃないのか」

サカモト
「中年期迎えても、男女の恋愛感情はなんら変わらないということを象徴する、絶妙なキャスティングだったのかもしれませんね」

サイゴウ
「でも、ウギ演じたイ・ウンジェが、この映画の公開前に亡くなっていて、遺作だったのは、ちょっと衝撃的だった。物語がハッピーエンドだったから、なおさら」

サカモト
「この映画観るまで、イ・ウンジェって、全然知らない俳優だったんですけど、今回いい味出していたので残念です」

サイゴウ
「彼の死を報じる最後の字幕は、ちょっとグッと来たよな。それだからこそ、なおさら印象に残る映画になったのかもしれない」

サカモト
「商業価値は低いかもしれませんが、日本で上映する価値のある韓国インディーズだったと思いますよ」

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。